スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ1.学習計画を考える

社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと

Ⅲ1.学習計画を考える

スクール(学校や講座)や通信講座で勉強される人は、自分が学習するスクール(学校や講座)や通信講座のカリキュラムに沿って学習をどのように進めていくかを考えて(学習計画を確立して)いかないと、社労士(社会保険労務士)受験勉強をうまく消化していくことができません。

場合によっては、スケジュール的な面からカリキュラムについていくことが出来なくなり、社労士(社会保険労務士)受験自体を諦めてしまいかねません。

『Ⅱ1.法律の試験であることを認識する』でも書きましたが、もう一度説明しますね。

追記を表示

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅱ2.基本テキストをマスターする

社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと

Ⅱ2.基本テキストをマスターする

今回も、受験勉強の仕方“「必ず合格する」ために必要なこと Ⅱ2.基本テキストをマスターする”として私の尊敬する社会保険労務士の林先生に聞いたことを書いていきますね(この“社会保険労務士で絶対に独立するぞ!”で受験科目、試験内容等の詳しいことは林先生のお世話になっています)

基本となるテキスト(基本テキスト;通学制、通信制の講座を受講するのなら、その学校の基本テキスト)は受験のための基本書なので、各法律の全ての条文や過去出題された全ての項目が掲載されているわけではありませんが、受験に必要となる、いわば受験対策の核となる部分の内容が分かりやすく、噛み砕いた形で掲載されているものを選んで下さい。

追記を表示

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅱ1.法律の試験であることを認識する

社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと

Ⅱ1.法律の試験であることを認識する

社労士(社会保険労務士)試験は、ほとんどの試験科目が法律の分野から出題されます。

条文が読めない、つまり法律の条文の読み方には独自のルールがあることを知らずに学習を進めてしまうと、テキストの内容がちんぷんかんぷんで、学習を続けていくことが苦痛になってしまったり、言葉や数字を断片的に暗記することに終始して、いざ問題を解いてみると、全く歯が立たなかったりで、学習開始当初は合格するための受験勉強だったはずが、いつのまにか自ら合格から離れていくことになってしまいます。

法律の条文は、皆さんが普段よく目にする文章(例えば小説やエッセイ等)とは異なり、客観的・論理的に構成された文章です。

ですから、条文の構成や内容を理解していくためには、学習する側にも客観的に文章をとらえる心構えや準備が必要となります。

これは学校の勉強で例えると、数学を学習するスタンスに近いといえます。

追記を表示

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。