スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/42-092d74aa

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

社会保険労務士(社労士)資格取得!資格取得して独立するぞ!!サイトトップ >社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと >>・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ2.☆予習の仕方

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ2.☆予習の仕方

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと

Ⅲ2.☆予習の仕方

社労士(社会保険労務士)試験は、ほとんどの試験科目が法律の分野から出題されます。

私も、初めて講義に出たとき「何を話しているのかが分からない・・・」と悲しい思いをしました。

でも、ここで私の尊敬する社会保険労務士の林先生に相談したんです、「初めて法律の勉強をするのだから予習でテキスト位は読んでおかないと」と諭されました。

で、聞いたことを書いていきますね(この“社会保険労務士で絶対に独立するぞ!”で受験科目、試験内容等の詳しいことは林先生のお世話になっています)

例えば、月曜日と木曜日が講義の場合は、予習として、土曜日又は日曜日に該当箇所を読み、引っ掛かりを覚える言葉を抜き出す、読んでも、頭に入ってこない文章、文脈に印をつけておく、といったことができると思います。

スポンサードリンク


この際、重要なことは、気になる部分にとどまらずに、講義の範囲全体に目を通しておくことです。

理解できない文章を飛ばして先に進むのは、あまり気分のよいことではありませんが、テキストの後の方の規定とつなぎ合わせれば体系がつかめることもありますし、講師から前提となる事柄を説明されなければ理解できない規定もありますから、あまり神経質にならずに、各章や各項目でおおよそ何を規定しているのかを掴むようにして下さい。

予習で疑問を感じた部分が明確になっていると、講義を受ける際にもメリハリがつきますから、講義前に分からない部分を洗い出すという意識でテキストを読み進めるとよいそうです。
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/42-092d74aa

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。