スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/41-932d3e4b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

社会保険労務士(社労士)資格取得!資格取得して独立するぞ!!サイトトップ >社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと >>・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ2.短期的なスケジュール

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ2.短期的なスケジュール

・社労士(社会保険労務士資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと

Ⅲ2.短期的なスケジュール

私の場合を例にとると、私が勉強しているスクール(学校や講座)では社労士(社会保険労務士)講座の学習は各科目2~3週間で終了するので、これを大きな1つの区切りとして学習計画を立てます。

例えば、大体週2コマのスケジュールで講義が進む(週2回の講義がある)と考えると、1科目のスケジュールを1週間単位に細分化し、予習・講義・復習のサイクルを考えてみるとわかり易いと思います。

具体的には現在の自分の平日・土・日のスケジュールを書き出し、スクール(学校や講座)で受講した場合にどう変化するのか確かめてみます。

スポンサードリンク


それが出来たら、今度は月曜日から日曜日までのカレンダーに講義の日をあてはめ、講義の前後の日に“どのような学習”を“どのような位置付け”で行うかを書く出してみましょう。

大まかに1週間の学習計画が掴めるはずです。

それを基に1科目(2~3週間)のスケジュールを組み立てていきます。

通信制の講座を選んだ人は、自分でこの日のこの時間は講義(CDやipod)の日・時間と決めて同じように計画を立てて下さいね。

社労士(社会保険労務士)試験は、ほとんどの試験科目が法律の分野から出題されます。

社労士(社会保険労務士)の国家資格を取得して、自分の“夢”を実現させましょうね。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/41-932d3e4b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。