スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/40-5f61d152

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

社会保険労務士(社労士)資格取得!資格取得して独立するぞ!!サイトトップ >社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと >>・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ1.学習計画を考える

・社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと Ⅲ1.学習計画を考える

社労士(社会保険労務士)資格 資格試験「必ず合格する」ために必要なこと

Ⅲ1.学習計画を考える

スクール(学校や講座)や通信講座で勉強される人は、自分が学習するスクール(学校や講座)や通信講座のカリキュラムに沿って学習をどのように進めていくかを考えて(学習計画を確立して)いかないと、社労士(社会保険労務士)受験勉強をうまく消化していくことができません。

場合によっては、スケジュール的な面からカリキュラムについていくことが出来なくなり、社労士(社会保険労務士)受験自体を諦めてしまいかねません。

『Ⅱ1.法律の試験であることを認識する』でも書きましたが、もう一度説明しますね。

スポンサードリンク


社労士(社会保険労務士)試験は、ほとんどの試験科目が法律の分野から出題されます。

つまり法律の条文の読み方には独自のルールがあるということです。

そのことを知らずに学習を進めてしまうと、テキストの内容がちんぷんかんぷんで、学習を続けていくことが苦痛になってしまいます。

始めのうちは、計画に余裕を持たせ、それに慣れなければいけません。

社労士(社会保険労務士)試験が“どのような傾向で出題される試験なのか”を把握しながら、本試験までの長期的な学習計画と日々(最大で2~3週間程度=1科目単位)の学習計画を立て、行き詰まった場合には、その時々で修正できるようにしておくことが大切です。

スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/40-5f61d152

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。