スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/31-b78c77d1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

社会保険労務士(社労士)資格取得!資格取得して独立するぞ!!サイトトップ >社会保険労務士(社労士)資格取得 試験内容 >>・社労士(社会保険労務士)国家資格の試験科目 □厚生年金保険法

・社労士(社会保険労務士)国家資格の試験科目 □厚生年金保険法

社労士社会保険労務士)国家資格の試験科目

□厚生年金保険法

選択式・・・1題

択一式・・・10問

○科目の概要

厚生年金保険法には以下のような特徴があります。

・民間サラリーマンを対象とした年金制度です。

民間サラリーマンの社会保険は、医療が健康保険、年金が厚生年金と考えると分かり易いです。

・昭和61年4月以降、船員保険(社会保険に関する一般常識の科目)から厚生年金保険に職務外の年金部門が統合され、船舶が適用事業となりました。

この部分は健康保険法と適用の範囲が異なりますが、健康保険の適用事業所 + 船舶(医療は船員保険法で行います)が厚生年金保険の適用事業所の範囲と整理することができます。

スポンサードリンク


・主な保険給付(年金)には①老齢厚生年金 ②障害厚生年金 ③遺族厚生年金があります。

年金受給に関しては、大きく分けて老齢の仕組みと障害・遺族の仕組みがあり、老齢の年金は原則として、国民年金の老齢基礎年金がもらえることが土台となっているので、厚生年金保険の加入期間があっても、老齢基礎年金がもらえない(受給資格を満たしていない)と、老齢基礎年金、老齢厚生年金のどちらももらうことができません。

一方、障害と遺族の年金は、厚生年金と基礎年金でそれぞれ障害等級や遺族の範囲等に相違点があり、障害厚生年金のみ、貴族厚生年金のみの受給もありえます。
スポンサードリンク


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://siyarousi.blog57.fc2.com/tb.php/31-b78c77d1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

最新記事

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。